コラム

ワークフロー

ワークフローシステムの現在のトレンド

ワークフローの必要性は、いわゆる事務と言われる仕事が始まった当初からずっと議論が重ねられてきました。
業務の改善はどの職場にとっても重要な事です。現在のワークフローシステムはどのような傾向があり、どのような商品が市場のトレンドとなっているのでしょうか。

業界のトレンドや市場規模について

市場規模は58.4億円規模

ITR(※1)の調査によると、2013年のワークフローシステムの市場規模は48.7億円、さらに2014年度は19.9%も伸びて58.4億円となります。
この大きな伸びはどこからきているのでしょうか。
全体としては、大企業が機能強化を狙った新バージョンへの移行を行っているようです。そして何より伸びているのが中小企業向けの安価なクラウド型製品の台頭といえます。多くの中小企業がクラウド化によって安価になったワークフロー製品を購入していると考えられます。

自社開発かパッケージ導入か

ワークフローシステムを自社に導入するにあたり、自社で開発するか、パッケージを購入し適用するかの二通りの選択肢があります。
大企業になればなるほど、自社開発へのニーズは高いでしょう。
しかし、現在ではコスト削減を求められる傾向があります。自社開発は思うとおりの製品を作れるメリットはありますが、時間がかかりすぎる恐れがあり、パッケージを購入してのカスタマイズのほうが合理的だと考えられる側面が強くなっているのです。
中小企業に関してはパッケージを導入するケースが多いようです。システム会社に開発を依頼することになりますので、ゼロから作るよりはパッケージを購入してきたほうが導入コストを抑えることができます。

複数のシステムから統合高機能パッケージワークフローへ

複数のシステムから統合高機能ワークフローへの集積

職場にはさまざまな業務があります。稟議書、交通費精算、経費精算、申請書など多くの業務がバラバラに存在し、これまでは複数のシステムが混在していることが多かったのです。それを統合させ、さらに高次元のワークフローとして統合していくのが、最近のワークフロー事情です。結合するシステムは他社のものでもよく、複数のシステムを上手に統合することができます。
統合高機能ワークフローによって、ユーザーには背後のシステムは見えず、統合高機能ワークフローだけが見えるようになります。
そのため統合高機能ワークフローには、高い利便性と操作性が求められます。
また背後で動いているシステムとの連携もスムーズに行われている必要があります。

どの製品を選択すべきか

市場のトレンドを押さえているExchangeUSE

現状、多くのワークフローシステムが市場に存在します。シェアでみてみると一位は富士電機で20.5%(※1)ほどの業界シェアを誇っています。 クラウドに対応しているコスト面で導入しやすい製品が中小企業には求められていますが、大企業ではそれよりも多くのシステムを統合した総合パッケージ製品である事が求められます。導入がしやすいだけでなく、カスタマイズも容易なものが市場で選ばれる傾向があります。
富士電機のExchangeUSEはそのニーズにうまくこたえている製品と言えます。
システムを統合できるため既存の機能とも連携でき、導入コストが安価で大規模な利用にも対応しています。
利用者にはExchangeUSEの必要な部分だけを見せることができ、複数のシステムが背後で動いていることを意識する必要はありません。
またパッケージも100万円からの導入が可能であり、フルスクラッチで自社開発するよりもはるかに安いコストで導入が可能です。
大企業への導入実績も多数ある、ExchageUSEの選択を考えてみてはいかがでしょうか。

※1:出典:ITR「ITR Market View:コンテンツ管理市場2014」

おすすめコラム

  • ワークフローシステムの活用事例

    ワークフローシステムの活用事例

  • 必ず押さえるべき!ワークフローシステム比較のポイントとは?

    必ず押さえるべき!ワークフローシステム比較のポイントとは?